>

資格を入手できる人の条件

大学で法律を学んでいる人

大学や短大を卒業していて、法律学や経済学を勉強している人は資格を獲得する権利があります。
まだ卒業していなくても、大学3年以上で経済などを1科目以上勉強している人も大丈夫です。
その時は、単位を62以上取得していなければいけません。
司法試験に、すでに合格している人も資格を取得できます。

そのようなルールが決められているので、自分が該当するか確認してください。
このように大学を出ている人に与えられる受験資格を、学識による受験資格と呼んでいます。
学識以外にも受験資格はあるので、大学や短大を出ていない人でも諦めないでください。
また、何歳からでも大学に挑戦することはできます。
この機会に、大学をまず受験しても良いですね、

資格と職歴の受験資格

簿記検定を持っている人は、税理士の資格を獲得できます。
しかし簡単な級では意味がありません。
難しい、1級を合格した人だけが対象になります。
これが資格による受験資格になります。
また、職歴による受験資格もあるので、こちらに該当する人がいるかもしれません。
会計事務を2年以上行っていた人や、税理士や弁護士などのサポートを2年時用行っていた人は大丈夫です。

税理士になりたいと思ったら、そのような仕事に挑戦して経験を重ねるのも良いですね。
勉強することも大切ですが、現場に出ないとわからないこともあります。
現場で、具体的な仕事内容や仕事の大変さを理解してください。
受験資格のどれか1つでも、満たしていれば試験に挑戦できます。


この記事をシェアする